読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんぽこランドで飲み放題。

私(32歳男性)と妻(29歳女性)の珍道中ダイアリー★健康戦争での生き残りを賭けた戦い!

男の妊活【病院検査編】

以前、妊活の一環としてTENGAのメンズルーぺTENGA MEN'S LOUPE テンガ メンズ ルーペ 【スマートフォン用 精子観察キット】で簡易検査をした話を書きました。


 

スマホを使った簡易検査で、ウヨウヨうごめいている様子は確認できたのですが、数が十分なのか、運動率はどうか、奇形率はどうか、といったことは専門医に見てもらう必要がありますよね。

 f:id:posso902:20170320160507j:image

(写真と本文は関係ありません)

 

 

 

専門医での精液検査といえば、こんなイメージを持っていました。

・専用の個室に通される

・ビデオデッキと微妙なAVや雑誌が「ご自由にどうぞ」

・コップに採取して恥じらいの提出

 

ところが。

 

妻が通っている産婦人科の先生に相談してもらったところ、「家で採取したものを持ってくればOKとの話。もっとスペシャルな非日常を期待していたのにガッカリ・・・

でも良く考えたら、家から産婦人科まで10分以内の距離だし、クリニック内は男子禁制なので、男子が秘め事をするための個室なぞ無いのです。

 

そんなわけで、提出の日がやって参りました。

 

事前にクリニックから採取用の紙コップと試験管を渡されていましたが、当日思いっきり寝坊をしてしまい、気づけば妻が家を出発する15分前に・・・慌てて一人で採取活動に取り掛かります(寝起き)。

 

「早くして!もう出るから!」

「こっちはまだ出ない!」

 

朝っぱらからこんな攻防の末、ようやく採取に成功しホカホカ状態でクリニックに提出することができました。

 

 

肝心の検査結果ですが、

先生「優良だよ。問題ない。直線形で元気だったよ!」

とのこと。

 

えっ・・・数値とか出ないの?そんな定性コメントのみ??

 

拍子抜けした感は否めないですが、信頼している先生が「問題ない」と言ってくれたので、それ以上は考えないようにしておきます。

 

今年は33歳。

劣化を食い止めるべく、普段の摂生や体力維持に努めます!

 

 

ponghiro