読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんぽこランドで飲み放題。

私(32歳男性)と妻(29歳女性)の珍道中ダイアリー★健康戦争での生き残りを賭けた戦い!

胃カメラを飲んだ話

数年前から胃腸に違和感があって、特にストレスフルな状態が続いた時に、「胃痛と便秘からの下痢」っていう最悪なサイクルができていたわけです。

 

この一年くらいで頻度が上がってきた気がするので、一念発起して検査を受けることに。祖父も胃がんだったし、何となく気になって近所の胃腸科でお願いしてみました。

 

「これまで一度も検査したことない?まぁ年齢的にも一度やっといたほうがいいかもね」

「薬でぼーっとしてる間に終わっちゃうから、気構えなくてもいいよ。終わった後は薬が抜けるまで休んで行ってもらうから」

 

2週間後の土曜日朝8:00の予約。

麻酔→胃カメラ→麻酔が抜けるまで休養→結果説明、という流れのようです。

 

薬がいらないくらいぼーっとした寝起き状態のまま胃腸科へ行くと(家から徒歩30秒くらいです)、手際よく検査台に寝かせられる僕。麻酔の点滴が始まってしばらくすると意識が薄くなっていきます・・・

 

 

次の記憶は、看護師さんの優しい声掛け。

 

「どうでしょう?もう1時間経ったからそろそろ起きれますかー?」

「先生から結果の説明があるので待合室に行きましょうか」

 

胃カメラを入れられた実感や不快感は全くありません。恐らく、ぐっすり気持ちよく寝ちゃってたんでしょうね。このクリニック、清潔だしウッディーな感じで寝心地良かったです笑

 

検査結果:

「胃の入り口に炎症がありますね。でも、それ以外はキレイだよ。ポリープもないしね」

「ストレスで胃が痛くなったときに飲む液体の薬を出しとくから、あまり胃に負担を掛けないようにしてね」

f:id:posso902:20170123164005j:image

 

ひとまず安心でしょうか。

問題は解決していないけど、「胃がやられているのでは?」という不安からは解放されました。

 

今度は人間ドック行くぞー!!